SCROLL DOWN
ロイヤルカナン社について

栄養がもたらす健康とロイヤルカナン社の歴史

ロイヤルカナンの始まりは、1968年、南フランスの小さな町の獣医師ジャン カタリー博士が、食事が動物の健康に大きな影響を与えると考え、皮膚病の犬のために「イエロースープ」を考案したこと。私たちはその情熱を受け継ぎ、犬と猫の真の健康とウェルビーイングのために取り組み続けています。

1968年
ジャン カタリー博士が皮膚病のジャーマンシェパード用に「イエロースープ」を考案、ブランドが誕生。

1972年
ギヨマールグループの傘下に入る。栄養学的な精密さと、フードづくりに関する専門性がもたらされる。

1974年
フランス、ベルギー、デンマーク、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン、オランダで製品が販売される。

1980年
初の大型犬の子犬用につくられた総合栄養食「AGR」を発売。以後17年間にわたり独自の専用製品として販売。

1982年
エンニオ モリコーネによる楽曲を使用した、自由に走る1頭の犬を描いた広告がフランス国内で話題に。

1985年
4つの輸入会社により、アメリカでロイヤルカナンブランドの製品の販売を開始。

1990年
BNPパリバ銀行がギヨマールグループを買収。より世界的な発展を遂げるきっかけとなる。

1994年
プレミアムカテゴリーのドライ製品を専門チャネルで提供した初の製品「RCFIシリーズ」発売。

1997年
『犬の百科事典』刊行。翌年出版された『猫の百科事典』とともに、著者が獣医学の最優秀賞を受賞。
犬の身体サイズと年齢に基づいた初の製品「RCCIサイズシリーズ」発売。

1999年
ロイヤルカナン初となる猫の品種専用フードを発売。

2001年
フランス・モンペリエで開催された150人の獣医師が集う学術会議を主催。
本社・フランス支社、研究開発部、犬舎・猫舎を集約したキャンパスをフランス・エマルグに開設。

2002年
マース インコーポレイテッドの傘下に入る。
ロイヤルカナン初となる犬の品種専用フードを発売。

2003年
ロイヤルカナンの研究開発部とウォルサム ペットケア サイエンス研究所が提携。
動物病院専売の食事療法食「V Dietシリーズ」を発売。

2005年
イギリス・リバプールでのヨーロッパ初の体重管理クリニック創立を肥満クリニックWCPNと共同で支援。

2009年
「フィーライン ヘルス ニュートリション ウェットシリーズ」発売。ペット専門店のウェットフードカテゴリーに参入。
中国・上海にアジア初の工場を開設。工場が9か所となり、南極以外の全大陸で製造・供給が行われる。

2012年
ロイヤルカナン初となる、アミノ酸およびオリゴペプチドを原材料とした、食物アレルギーを持つ犬のための食事療法食を発売。

2014年
犬のDNAを解析する検査・GHAを導入。獣医師による遺伝情報を反映させた健康プランの作成が可能に。

2016年
経腸栄養給与のために調製した液状の食事療法食「ICUシリーズ」発売。
ユーカヌバブランドの製品の取り扱いを開始。

2017年
アソシエイトがペットとともに出社できる「ペットフレンドリー オフィス ポリシー」をフランス・エマルグのオフィスに導入。

2018年
韓国・金堤市に15番目となる製造工場を開設。
フランス・エマルグのグローバル・イノベーション・センターのあるキャンパス(本社)を拡張。