SCROLL DOWN

品質と安全・安心

ロイヤルカナンは「すべては犬と猫のために」という理念のもと、個々の犬と猫に真の健康をもたらす最適な栄養バランスのフードを研究・開発しています。また、最高の品質と安全性を保つため、原材料の調達から出荷まですべての工程で細心の注意を払っています。世界16か所にある工場で同じ規格・基準のもと生産されたフードは、世界中の犬と猫に届けられます。

研究と開発

一頭一頭の犬と猫の栄養ニーズにあったフードづくり

ロイヤルカナンの製品を開発しているのは栄養学の専門家チームです。個々の犬と猫に必要な栄養バランスは、その品種や年齢、身体のサイズ、ライフスタイルや健康状態によって異なります。科学と観察、専門家との協働によって研究された精密な栄養バランスを持つ製品はすべてフランス本社で開発され、世界中どの工場においても同じ規格が採用され、同じ品質基準のもと製造されています。

犬と猫の品種ごとに異なるニーズに適した形状のキブル(粒)

犬と猫はその品種によって顎の形や食べ方なども特徴があります。ロイヤルカナンでは、科学と観察に基づき、それぞれの品種に適したキブルの形状を考案・設計しています。さらに、匂いや味、口当たりの良さ、咀嚼によるブラッシング効果、満腹感を与えるための密度、栄養素を取り込むための消化など、品種ごとのニーズに合わせ、嗜好性と消化性を追求したキブル(粒)を開発しています。

原材料の調達

厳選されたサプライヤー

安全で質の高い原材料を厳選して調達するため、原材料を提供するサプライヤーも厳しい基準で選定しています。原材料サンプルの詳細な分析や検証、また、サプライヤーに対して原材料リスク評価を行い、さらに環境面および倫理面でもロイヤルカナンの世界共通の要件を確実に遵守していることを確認しています。

原材料納入までの厳しいプロセス

原材料納入には、いくつもの検査工程が設けられています。原材料の目視、においの検査、さらに詳細な分析を行うため、数キログラムの原材料のサンプルを異なる箇所から採集し分析テストを行います。また各原材料を近赤外線(NIR)マシンでスキャンし、そのスペクトラムをグローバルデータベース上の過去のデータと比較。このスペクトラムにわずかにでも違いがあれば、その原材料の納入は受け付けつけません。この厳しい検査工程を経て、各原材料は工場内に搬入されています。

製造

正確な栄養バランス

ロイヤルカナンは、「正確な栄養バランス」を提供するため、各原材料を正確に計量しています。計測が不正確であれば、犬や猫にとって最適な栄養バランスでなくなり、ペットの健康が危険にさらされる可能性があるからです。正確に計量された原材料は、グラインダーで微細な粉末に粉砕され、嗜好性と消化性を高めます。

徹底した管理のもと成形されるキブル

粉末に粉砕された原材料は、押出成形機へと移され、キブルへと成形されていきます。押出成形機内は、食品の安全・品質の条件を満たすよう管理され、常にオペレーターがモニタリングし、正しい温度管理を徹底しています。また、一定の頻度でキブルサンプルを採取し、物理的・化学的側面から確認と記録を行います。ここでは十分に訓練を受けたオペレーターが特定の器具を使用して、色・形状・サイズ・密度・水分・タンパク質・脂肪含有量をチェックします。

最高の風味のフレーバーコーティング

キブルは乾燥後、コーティング工程へと移され、犬や猫にとって最高の風味を与えるフレーバーでコーティングされます。使用されるフレーバーはすべて天然の動物性タンパク質がベースになっています。

最高水準の鮮度のためのパッキング技術

さまざまな工程を経てつくられたキブルを最高の品質のままパッキングするため、空気制御システムを採用しています。パッキング時に酸素を押し出し、窒素を充填することで、賞味期限までの間、製品の鮮度を最高水準に保つことができます。また、この段階で金属探知を実施するとともに、重量・密封品質・印字・酸素残留がすべて標準範囲内にあることを確認・記録します。日本国内には横浜に世界で唯一のパッキング専門の工場があり、製品のパッキングのほか、品質・安全管理、輸入手配、受注業務などサプライチェーン全般を担っています。
→横浜センターについての詳細はこちら