SCROLL DOWN

沿革・歴史

ロイヤルカナンの原点は、南フランスの小さな町の獣医師、ジャン カタリー博士が1968年に考案した皮膚病の犬のための「イエロースープ」。この、適切な栄養バランスが最良の薬であるという「ヘルスニュートリション」の哲学が、1991年に日本に誕生したロイヤルカナン ジャポンにも受け継がれています。

1991年11月
株式会社ニチロと、ヨーロッパ非量販ペットフード市場最大手のロイヤルカナン社との合併会社として、ニチロロイヤルペットフード株式会社を設立(本社は東京都港区芝)。フランスで製造したフードの日本への輸入を開始。

2001年7月
ロイヤルカナン社がマース社の傘下に入る。

2003年5月
本社を東京都中央区茅場町に移転。

2003年6月
ロイヤルカナン社の実質的な子会社となり、ロイヤルカナン ジャポン株式会社に社名変更。

2004年8月
マスターフーズリミテッド(現マース ジャパン)のアドバンス・ブランドを引き継ぐ。

2005年12月
本社を東京都中央区新川に移転。

2007年10月
組織変更を行い、ロイヤルカナン ジャポン合同会社に社名変更。

2008年1月
マスターフーズリミテッド(現マースジャパン)より、獣医師向け製品事業であるロイヤルカナン・ウォルサム事業部を引き継ぐ。

2009年1月
横浜センターを開設。

2011年5月
本社を東京都港区港南の品川オフィスに移転。

2016年5月
本社を東京都港区港南の品川シーズンテラスに移転。

2017年7月
マース ジャパン リミテッドのEUKANUBA(ユーカヌバ)ブランドを引き継ぐ。